ひきこもりの独りよがりな独り言

ひきこもり4年目の僕の心情を只々ひたすらに吐露したり日々の出来事を日記として綴るブログです。良かったら覗いてみてくださいな。

漫画を買いに行った。

 夜7時半頃、内容は忘れたが、誰かに励まされたような夢を見て、気持ちよく目を覚ました。

 

 気分が良くなり、やる気が出てきたので、目を覚ました瞬間、自転車の鍵と家の鍵と500円玉1枚をポケットに入れ、リビングにいる両親に本を買ってくることを告げて、寝癖がついていたので帽子をかぶり、そして、部屋着のまま、家の扉を開けた。

 外は雨が降った後のようで地面が濡れていて、蒸し蒸ししていた。重い空から今にも雨が降りそうだった。

 

一昨日か昨日、発売した漫画なのでコンビニに置いてないかなと思い、わざわざ、2件もハシゴしたが、お目当の漫画は置いていなかった。

もう、やる気を無くして、帰ろうかと思ったが、外に折角出たので、勿体無いと感じ、少し遠かったが本屋さんまで行った。

 

途中、潰れたコンビニの横を通った。

そこのコンビニは出来て3年も経ってなかったので、少々驚いた。

 

すぐに本を見つけることができたので、本屋さんについて、お目当の本を手に取り、レジでお金を払って本屋さんから出るまで1分もかからなかった。

 

そして帰路についた。

 

急いで帰ったのと、外が蒸し蒸ししてたのもあって、汗をかいた。

食卓にはご飯が並んでいたが、先にシャワーを浴び、それからご飯を食べた。

 

漫画はご飯を食べた後に読んだ。

 

面白かった。